10:00〜さいたま市立川市の子ども記者たちが次々にzoomに入ってくる。

パソコンの画面いっぱいに、亀岡、埼玉、立川の子どもたちの顔が並ぶ。

子ども記者たちは、兄妹仲良く寄り添って画面に入っていて、かわいらしい姿もある。

今回もやってきました!

さいたまチームと立川チーム、そして京都のかめおかチームで『子ども記者全国ミーティング』開催!!

いえぇーい!!(パチパチ )

会話は互いに「今日は何時に起きたの?」始まった。

10時から開始の全国zoomミーティングなのに、

起きたのが9:50…(^◇^;)とイケメン記者。

オイオイ! さっきやないか〜い!!

昨年の夏に一度、zoomミーティングしてるから今日はなんだかドキドキってよりワクワク ♬

子ども記者たちが質問し合って交流タイム。

女子が大好きなクレープ屋さんの話も出た。

離れたところに住んでいても“おんなじ” “あんまり変わらないんじゃん”をお互いに再確認できて、

心にふんわりした温かい風が吹いたようだった(´∀`)

話題は進み、みんなの持ち物の話になった時、 子どもたちだけでなく、スタッフにもかなりの衝撃が走った!!

亀岡市はみ〜んな、黄色の“ランリュック”というもので学校に行くとのこと!!

普通のリュックっぽい?形なのだけれど、見た目は真っ黄色!

(各子ども新聞記者:以下かめおか、立川、さいたま)

かめおか『なんでうちらはランドセルや無いんかい!って思うわ〜(T . T)』

立川『らん…リュック⁈』

かめおか『ランドセルの方がええやん!』

さいたま『えー!どうしてランドセルが無いのー!』

かめおか『知らんわ〜!』

これがランリュック!
絵:りんごあめ記者

これがランリュック!
絵:りんごあめ記者

関東圏は、みんなが好きな色のランドセルで学校へ通い、

ランドセルカバーもバリエーション豊富なことを知ってしまった、かめおか子ども記者たち。

「カッコえぇわ!!うらやましい!」といった言葉が飛び交う様子は、各都市の生活スタイルの違いなど、多様性を感じるいい体験になっている実感があった。

ランドセルって当たり前だと思っていたのに!

かめおか子ども記者は違っていた!!

“当たり前”をいとも簡単に覆されるこの体験は、 参加した人にだけわかる、

カルチャーショックという名の何とも言えない不思議な感覚! 

大発見だ!! とスタッフはひそかにほくそ笑む(笑)

スタッフ一同、子どもと一緒に驚きつつも、全国ミーティングをやってみてよかったと思う、醍醐味を感じる瞬間でもあった。 ミーティング後半は、お互いに、取材や記事にするまでの取り組み方を報告し合った。

かめおかの新人記者(小1のこうちゃん)は、まるでおもしろアニメの主人公のよう。

終始テンションが上がりっぱなしの彼のおかげで、場はいっそう盛り上がった。

そんなこんなで、あっという間の1時間ミーティングは終了!

また次回の全国ミーティングは春ころかな〜(´∇`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です